05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2009-01-25 (Sun)
pre090124b.jpg

先日おじゃました初釜で、すごくなつかしい方にお会いすることが出来ました。
宇都宮にある、カリスマ・シェフ 音羽和紀氏のお店、レストラン・オーベルジュの マダム、音羽道子さん。 10年くらいお会いしていなかったかな、すごく嬉しかった! レストラン・オーベルジュがなかったら、私はお花の仕事をしていなかったかもしれません。 お花の仕事に触れるきっかけをいただいたのです。

すでに20年くらい前ですが、結婚してすぐに通った料理教室 「シェ・鈴木」の 鈴木先生が、オーベルジュの音羽シェフ夫妻と懇意にされていて、レストラン・オーベルジュが忙しいときなどに、「行ってあげて~!」と、臨時のお手伝いに紹介してくださったのです。 いろんなお手伝いをさせていただき、有名レストランの舞台裏で、スタッフが真剣にお料理やサービスに取り組む姿や、シェフの「食」に対する情熱に触れさせてもらって、毎回感動!だったのでした。。。すごく楽しかったなぁ。 そのうち、現在もデコレーションを担当されている I さんのお手伝いもさせていただくようになって、ウェディング、パーティ、クリスマスなどのイベント・デコレーションなど、たくさん経験させていただきました。 素敵なレストランで、見たこともないような大量のお花に囲まれてのお手伝い、すごくワクワクしました!&素晴らしいお花の仕事初体験! しかもアルバイト料までいただいちゃって。。。 

その楽しさに、「お花やりたい!」と、思うようになって、その頃すでに花教室を始められたた 落合惠美さんの教室「ブランディーユ」に行こう!と決めたのでした。
私のお花の先生、落合惠美さんは、大学時代に居候していたペンションで知り合った友人です。’88頃、「独立してお花の教室始めるの、来ない?」と連絡をもらったけど、宇都宮から三軒茶屋はすごく遠く感じてしまい、落合さんの教室に通うなんて、思いも寄らなかったのです。 
でも、「これがしたい!」と思ったら、距離なんて関係ない。 家族の理解もあって、すぐに通い始めたのです。 勢いあったなぁ(笑)。 

鈴木先生、レストランオーベルジュ関係の方々、落合先生、一人欠けても、お花の仕事にはつながらなかったでしょう。 こうして今もお花のある生活ができて、本当に幸せ!! そして心から感謝しています!

| people | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。