08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-09-29 (Thu)
ちはやふる(14) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(14) (Be・Loveコミックス)
(2011/09/13)
末次 由紀

商品詳細を見る


マンガ好きです~。というのは、前にも書いたことあると思うけど。
小学~高校は少女マンガ、少年マンガ、大学以降はそれらに加えて、オリジナルとかモーニングとか(笑)
さすがにここ10年以上、週刊とか月刊誌とかは買ってません。。。

数年前に「のだめ」で久しぶりのマンガブーム!
そしてつい最近知ったのが、この「ちはやふる」。 
全く知らなかった、熱い熱い、競技かるたの世界のお話。これが面白い!

私も覚えたなー、百人一首。。。高1の夏休みの宿題だったような。。。古文と漢文好きでした!!
が、しかし、今はほとんど忘れてます。

「ちはやふる」 読んだのはつい最近、この間の日曜日に一巻から13巻まで一気に読んでしまいました(笑)。
少女マンガに必須である「愛」だの「恋」だのはほとんど出てきません。。。美少女、美少年は出てくるけどね、ストーリーの場面すべてが、「かるた」から離れることがない。といっても過言ではない感じ。少女マンガじゃないでしょ、これは(笑)

マンガって楽しいですよね。はまると、時間を忘れて読んでしまいます。繰り返し(笑)
なんか、スカッとするんですよね。やっぱり読みやすいし。

一家揃ってマンガ好きでよかった!嫌いという方も中にはいますもんねー!
ある友人の旦那さまは家に持ち込まれるのも嫌だそうで。。。彼女マンガ好きだから苦労してます、気の毒!
今うちにあるマンガは。。。夫婦それぞれ保存版にしているものも多数。。それは3階にある納戸の本棚にを見ないとわからない。。

とりあえず2階の本棚にあるのは、「のだめカンタービレ」 同じ二宮先生の「天才ファミリーカンパニー」>これも超おすすめ!一条ゆかり先生のものもたくさん。 「プライド」 「有閑倶楽部」などなど。 
その他、「ブラックジャック」 「もーれつア太郎」 「おそ松くん」。。。「アタゴオル物語」。
「名探偵コナン」>次女が自らの貯金で全巻買いました!彼女、次は「ワンピース」の全巻買いをすると思う(笑)
最近の少女マンガは「スイッチガール」他色々。。はては「黒執事」 や、BL系。。(爆)
けっこうあるなぁ、マンガ専用の本棚を作らないとね(笑)。

しかしそろそろ、他の本も整理しないと。。。3階の一部屋に本を集めて書庫&私の勉強部屋(占星術の、笑)にしたいのです。
ダンナさんは本好きで、毎月単行本や文庫本をたくさん買う人だけど、家には読んでいる本以外持ち込んでないし、さっさと処分できる人なので、事務所の本棚にもたまってはいないらしい。。。偉いなぁ。
見習わないとね~。


<今日聴いていたCD>

アイ・アム・サムアイ・アム・サム
(2002/03/20)
サントラ、ステレオフォニックス 他

商品詳細を見る


有名映画のサントラだけど>映画も泣けますよね!、ビートルズのカヴァーでは、一番好きかも(って、他に2,3枚しか聴いたことないけど)
あ、でも 「Across the Universe」 のサントラ盤は良さそうですよね、でも聴いたことないんです。映画のDVDで満足しちゃって。。。

この「i am sam」ですが、一曲目~二曲目のエイミー・マン&マイケル・ペンの「two of us」から、サラ・マクラクランの「blackbirds」 、二人の声がとっても好きです~!曲にぴったり!






スポンサーサイト
| book | COM(-) | TB(-) |
2010-09-19 (Sun)
<今日はまった本>

パリのおばあさんの物語パリのおばあさんの物語
(2008/10)
スージー モルゲンステルヌセルジュ ブロック

商品詳細を見る


何ヶ月か前、読売新聞に岸恵子さんのインタビュー記事が載ったときに、紹介されていた本です。岸恵子さんの初めての翻訳絵本。20年前に発行された絵本と言うことですが、とてもきれいで優しいイラストと、心にしみる文章で、出会って良かったと思える本です。装丁もとても素敵。

ただの本ではないなぁと思っていたら、やはり!ほぼ日サイトの「担当編集者は知っている。」というコンテンツで取り上げられていました! 記事は こちら

一人のおばあさんの、日常と過去の回想。平凡だけどきちんと生きて、美しかったと思える幸せも、戦争がもたらした山積みの苦難、不幸せな秘密も経験し、そして今、老いと孤独ときちんと向き合っている優しいおばあさんになっているのです。
もちろん、このおばあさんのように「一つだけ用意された人生をきちんと生きていきたい」と思うと同時に、親達のために、もっと時間をとってあげなくちゃ。。。と、反省。
自分がこんな強いおばあさんになれるかどうか自信がないけれど、将来「してもらえるなら、嬉しい!」と思うだろうことはしてあげないとねー。

この猛暑の夏、さすがに「親達、年をとったなぁ。。。」と思った私を導いてくれるような本でした。感謝です。

| book | COM(-) | TB(-) |
2010-05-30 (Sun)
<今日はまった本>

ほかならぬ人へほかならぬ人へ
(2009/10/27)
白石一文

商品詳細を見る


直木賞受賞作。ちょっと前にクリス智子さんが絶賛していたので、ずっと読みたかった本です。この作家の著作は初めてですが、文章が端正で読みやすかった。ストーリーとしては、目新しいものではないのかもしれませんが、読ませてくれます、引き込まれます。イメージが映像として、ずっと頭に浮かんでいました。

表題作ともう一作収められていますが、どちらの主人公も家柄が素晴らしく良いのに、その家に対するストレスや、自らの容姿や性格などにコンプレックスを抱いているのが、共通しているのです。どっちもおもしろい! 表題作、泣きました。。。気持ちがきれいになったような気がする。でも映画にはして欲しくないなぁ。。予定があるのかどうか知らないけど。

もう一編の「かけがいのない人へ」。こっちも好きです。とっても人間くさい。力強さを感じる小説でした。
作者のほかの本も読んでみたいので、さっそくポチ! とりあえず山本周五郎賞受賞作かな。

愛する気持ちやパターンは、人というかホロスコープによって(笑)それぞれだと思うし、この小説のテーマになっている真実の愛とか「ちゃんとした組み合わせ」というのは、なかなか難しいことのように思います。鑑定してても、噛み合わないこと多いです。でも、その「ずれ」が濃密な気持ちを産んで、人は色々考えるので、無駄には思えないのです。


<今日はまった一曲>

1980年10月7日、六本木ピットイン、吉田美奈子  「時よ」 >youtubeにリンクです。

高校生の時から大好きで、ずっと聴いている曲です。
達郎と一緒のバージョンも良いけど、これも良いなぁ。。。UPに感謝です!

| book | COM(-) | TB(-) |
2010-05-09 (Sun)
bouqet100507.jpg

本。。。直近では「のだめカンタービレ」の24巻>番外編を買ったのを機に、全巻通して3,4回読んでしまった(笑) 私は気が短いので、じっくり読むつもりがどんどん早く読んでしまって。。。だって、おもしろいんだもん~!いつも読んで思うのは、読者みんなが思うことでしょうが、読みながらその場面に使われている曲を聴きたいと言うこと。凝っているファンの中には、自分で出てくる順番通りに編集した音源を聴きながら読んでいる人もいるのだろうな。。。できない。。。あ、パソコンの前に座って動画検索すればいいのか!今度やってみよう!(笑)


そして、ちょっと前にはまった本で、みんなに勧めている本は↓

なぜ、その人に惹かれてしまうのか?―ヒトとしての恋愛学入門なぜ、その人に惹かれてしまうのか?―ヒトとしての恋愛学入門
(2007/05/31)
森川 友義

商品詳細を見る


この森川友義先生のことは知らなかったのですが、色々とメディアに取り上げられている方なのですね。
私は、ちょっと前の読売新聞のインタビュー記事で、早稲田大学で「恋愛学入門」講座が超人気!と言う内容の記事を読んで、この本を読んだのですが、おもしろかったです。恋愛という感情も、進化のための生理機能、と言うか状態?に支配されていると言うような内容だと理解したのですがどうでしょうか?

そしてまた、本の整理をしていて、西洋占星術をやってるんだから、ギリシャ神話を読まないと!と思って、昔の本ですが。。。

ギリシアの神々 (講談社文庫)ギリシアの神々 (講談社文庫)
(1988/12)
曽野 綾子田名部 昭

商品詳細を見る


私が持っているのは文庫版ではないのですが。
神話の世界は、怖いですよねー。。。神様なのに~、怖い話しかないような。。。しかもありとあらゆることが。。。


<今聴いているCD>

のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)
(2007/01/01)
オムニバス(クラシック)

商品詳細を見る


これは何巻目で出たんだっけ?これ以降のも出して欲しい~!
| book | COM(-) | TB(-) |
2009-11-27 (Fri)
のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)
(2009/11/27)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る


最終巻、出ました! 本屋さんの開店時間に走りましたよー!
ついに終わっちゃった。。。。(涙)
のだめには、ここ数年、楽しませてもらいました。>子ども達もはまってます。 9巻くらいからかな、友人に勧めてもらい、それから発売を楽しみにしていました。>その友人は今海外赴任中、今日はまだ読んでないよね、きっと。。。気の毒!
映画でもラブコメ好きなので、恋愛マンガもギャハハと笑える話が大好き。。。ギャグマンガや四コマ漫画も好きだったけど。。。大学時代、Dr.スランプとか大笑いして読んでたよねー、と夫に言われます(笑)

登場人物はそれぞれ変。。。。いや、とてもキャラが立っていて、それぞれに純粋に音楽に生きていて。 大切な目標に向かって生きている人間の内面と外面のバランスが、素敵に描かれているのです。 この最終巻を読んだあと、1冊ずつ逆にさかのぼってしまい。。。10冊くらい読んじゃった。。。初めから読めば良かった。
 
俺様な千秋様、大好きでしたー! 少女漫画では1,2位を争うくらい好きな男子かも(笑) 理想的。

それにしても、音楽って良いなぁと思わせてくれる本でした。 クラシック音楽もちょっとだけど、聴くようになったし。。。と言うわけで、youtubeで ベートーヴェン ピアノソナタ 31番を検索して聴いています。 はじめて聴いたんだけど、すごくきれいな曲デス。。。(感涙)>便利な世の中だ! 

二ノ宮先生、連載お疲れ様でした&ありがとうございました! 次作も期待してます~!
| book | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。