08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-09-27 (Fri)
sub_large.jpg

先週、塾の送迎の間に映画を見ました。
とりあえず塾のそばで見られる映画をチェックしていたら、評判のインド映画を上映しているではありませんか!

「きっと、うまくいく」

インドと言えば、「ボリウッド・フィルム」と言う言葉まで生んだ映画大国ですが、見たことがあるのは、「スラムドッグ$ミリオネア」のみで、その昔の「踊る」系も見ていなくて、語る資格はありませんが。。。

とにかく単純明快でハチャメチャ、踊る~的なシーン満載、ストーリー的にも何でもありの、とにかく楽しい映画でした。
確かに心配した長ーい上映時間=170分!、全然飽きずに楽しく見られましたよ!(^o^)
深く考えず、単純に楽しく笑いたい人に>おい、おすすめします。

実は映画も楽しくてびっくりだったのですが、びっくりしたことがもうひとつ!
映画館で、観客が私の他にもう一人しかいなかったことです!!
そこはなんと258席のシアター。。。大丈夫か。。残念だ~!


<昨日聴いていたのは>

アイム・ノット・イン・ラヴ~ザ・ベスト・オブ・ユキヒロ・タカハシ1988-1995アイム・ノット・イン・ラヴ~ザ・ベスト・オブ・ユキヒロ・タカハシ1988-1995
(1995/06/07)
高橋幸宏、東京スカパラダイスオーケストラ 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
| movie | COM(-) | TB(-) |
2012-06-06 (Wed)
dercst.jpg

このところ映画づいていて、先々週は「ファミリーツリー」、その後NHK・BSプレミアムで、「ある公爵夫人の生涯」 「エマ」 「エリザベス」。。。BSでオンエアされた3本は見たことがある作品で、好物系。

「ファミリーツリー」は、去年のアカデミー賞授賞式を見て以来、公開を楽しみにしていました。ジョージ・クルーニーに主演男優賞あげたかったなぁ。。。でも、作品はテーマに目新しさもなく、ハワイの映像美もそこそこな感じで、ホンワカしたヒューマンドラマという印象。。かな>生意気ですみません。。。

ファミリーツリーの原題は 「The Descendants」で、子孫とか血族とか言う意味なんだけど (ディセンダントというポイント、ホロスコープにもありますが、違う意味です>生まれた瞬間の西の地平線と黄道の交点で、下降点。。太陽が沈んでいくポイント)
ダークシャドウでもジョニー・デップ演じる主人公の父親がモットーとしていたのは「唯一の財産は家族だ」という言葉で、血族はこの映画のテーマのひとつでした。

ブラックユーモアが過ぎるとか、若干力わざ的な展開もあって、ネットでの評価は今ひとつですが、十分に楽しめました。それは私が映画館で映画を見るときに求めたいものを満足させてくれたから。。。というのは、私の場合、どっちかというとエンターテイメント性のある映画が好きで、感動しちゃうような映画は、家でおいおい泣きながら夜中に見たいタイプなのです(笑)といっても、ハリウッド超大作が好きというわけでもないんですけど。。。

で、この映画は、キャスト、音楽、映像美に大満足。>特に魔女役のエバ・グリーンがすごい~!
ツッコミどころが多いというのも、お遊びだと思えますし。。。(笑)
70年代の設定なんだから、本人役と言ってもなぜ、現在のアリス・クーパー。。。。。?
これは彼をリスペクトしているジョニー・デップが、「打ち上げライブ」やりたさにキャスティングしたのでは? などと勘ぐってしまいました(笑)


そしてそして、彼の次回作、「ラムダイアリー」、超楽しみです。早く公開にならないかなぁ。。


| movie | COM(-) | TB(-) |
2011-01-31 (Mon)
今朝の「バラカン・モーニング」中、読まれた視聴者からのメールで、今夜NHK-BSでオンエアされることを知り、楽しみにしていたけど、テレビの前に座れたのは、半分くらい過ぎてからかな。

ピーターさんも、「素晴らしい映画ですよね!見ます。」と言っていましたが、私も公開当時に見て感動、サントラ盤も持ってます。>全編、色んなミュージシャンによるビートルズのカヴァーが使われている。

映画「アイ・アム・サム」。主演はショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、そしてダコタ・ファニング。

日本での公開は2002年。。? 当時、わが家のお嬢達は6歳と4歳で、その頃の私、今思えば、子育てに余裕がなかった。。。ま、今もですけど(苦笑)
今日久しぶりにこの映画を見て、子どもが中学生になるまでの親としての経験があるから、当時とはまた違った感動が。。。とてもとても、心に響きました(突き刺さったのかも、笑)。知的障害があっても、愛でいっぱいのサムの言葉に教えられることばかりです。今見られて良かった!>途中からでも。


<今聴いているCD>

アイ・アム・サムアイ・アム・サム
(2002/03/20)
サントラ、ステレオフォニックス 他

商品詳細を見る


エイミー・マン、サラ・マクラクラン、シェリル・クロウ、ベン・フォールズなどなど、個性的ですごいメンツ!そして、それぞれの曲が映画の場面に素晴らしくあっていて、盛り上がります。録画しておけば良かったなぁ。

| movie | COM(-) | TB(-) |
2010-06-11 (Fri)
m_concert2.jpg


映画 「オーケストラ」 見てきましたー!@シネスイッチ銀座 ↑はラデュ・ミヘイレアニュ監督。わー、かっこいい~!インタビュー記事はこちら

この映画は雑誌か何かのメディアで知り、見たいと思っていたものの、ここ宇都宮での上映予定がなく、諦めかけていたました。 しかしこの映画について、ネットスプラウトの ぶらきぼうさんが 書いてらっしゃったのをちらっと(と言うのなネタバレあったので)読ませていただき、そうですか、ブラボーなんですね、やっぱり劇場で見なければ!と、そのまま大好きなぶらきぼうさんの日記も封印し、昨日ようやく出かけてきたというわけです。ぶらきぼうさんのコラムは、帰ってきてからじっくり読ませていただきました、いつも素晴らしいコラムですが、これもまた!>こちらから、ぶらきぼうの 「エートス」こいて、もぉ~!の 『「「オーケストラ!」でも原題は「コンチェルト!」でしょ?ネタバレ満載!』 というコラムです。

映画は超期待通りの笑いあり、涙あり、美しい画面と素晴らしい音楽。ファンタジックでファンタスティック!
でも、ペレストロイカ下のユダヤ人、ロマ人などの弾圧の社会悲劇によって人生を狂わされた、あるオーケストラとそれを取り巻く人たちのお話。あり得なくたって、素晴らしく感動しました。映画はこういうのが好きだなぁ。

途中、主役のマエストロ、アンドレイが 「音符はひとつひとつ、ハーモニーを求めている。それがオーケストラの音楽になるのだ」と言うようなこと(うろ覚えで。。汗)を語るのですが、ひとも同じ。人の心が求め合って、くっついて、ひとつになれれば、素晴らしいものが生まれるのですよねー!

7割くらいのロシア語と、3割くらいのフランス語>一部たどたどしい のこの映画、ロシア語が耳に残っていたのか、ほろ酔い加減で乗った帰りの新幹線では、前の座席の男性の話し声がなぜかロシア語に聞こえて仕方ありませんでした(爆)。イントネーションかリズムか。。。何かが似てたのかな?(笑)


| movie | COM(-) | TB(-) |
2010-04-09 (Fri)
george.jpg

学校が始まって、ママ達がすぐすることと言ったら。。。やっぱり、映画にランチでしょう!>いや、現実逃避というわけではないですよ(笑) でも、久しぶりの映画でした~。 「マイレージ、マイライフ」。 この映画はアカデミー賞授賞式を見ていて、wowowのスタジオ・ゲストの映画評論家の「前評判がジェフ・ブリッジスなのはわかる!でもジョージ・クルーニーにとらせてあげたい!この役もとにかくチャーミングだった!」との言葉を聞いて、見たいと思ったのでした。もともと私はちょっと笑えて、ちょっと泣ける映画が好きだし。。。。
意外だったのは、アカデミー賞に色々ノミネートされていたけれど、全く派手な映画ではなかったこと。 登場人物も少ないし、日常的な世界がある意味淡々と描かれていくし、今の社会の問題点と矛盾をつきながら、人には愛と家族が必要、一人じゃ生きられないよー、というじわっと来るヒューマンドラマでした。ほんとっ、ジョージ・クルーニーの笑顔がチャーミングですてきっ!
もともと原題は「 Up in the Air」、そして邦題が「マイレージ、マイライフ」>「、」なのね、「・」じゃなくて。 この映画は邦題の方が勝ってる感じですねー!音楽も良くて、飛行機だけどロード・ムービーのようでした。


<今聴いているCD>

ロスト・イン・スペースロスト・イン・スペース
(2002/08/28)
エイミー・マン

商品詳細を見る


こちらは「宇宙で行方不明」(笑)。 でも大好きなアルバムです~。


| movie | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。